活性酸素とは?

活性酸素とは?

活性酸素とは、普通の酸素が少しだけ変化し、モノを酸化する力が強まった酸素です。

 

人間は呼吸によって酸素を取り入れて生きていますが、普通の生活の中でも、体に取り入れた酸素の2〜3%が活性酸素に変わると言われています。

 

また、激しい運動をしたり、日光を浴びたりしても活性酸素が増加します。

 

活性酸素の働きと悪影響

 

活性酸素は、実はそれ自体が悪者というわけではなく、わたしたちが生きるうえで大切な役割を果たしています。

 

その働きは、体に侵入した細菌などの異物を攻撃したり、体内の酵素反応を促したりするなど、なくてはならないものです。

 

しかし、現在、活性酸素の悪影響が注目されています。それは、背景として、精神的なストレスの増加や、飲酒、喫煙、紫外線、電磁波などによって、活性酸素が増加しているからです。

 

そのため、体内に発生した過剰な活性酸素が、体内の自然な機能では処理しきれずに、人の体に悪影響を及ぼすことが知られています。

 

活性酸素が持つ強い酸化作用により、遺伝子(DNA)が傷つけられたり、脂質やたんぱく質が変性させられたりすることがあります。

 

そうしたことから、活性酸素が、近年増加傾向にあるがんや脳卒中、心臓病など生活習慣病の原因になっていると言われています。

 

活性酸素を抑える食生活を

 

そのため、普段の食生活の中で、活性酸素を適度に抑えることが、毎日の健康に非常に役立つということが言えるのです。

 

活性酸素を抑えるには、抗酸化作用を持つ食品が有効です。トマトのリコピンは、その代表格と言えます。賢く摂って、健康を維持しましょう

 

次はこちらへ!
抗酸化作用を持つ食品

 

サプリを活用して効果的にリコピンを摂るには!
あのカゴメが開発したサプリ:リコピンVEのご紹介