リコピンの抗酸化作用

リコピンの抗酸化作用

夜トマトダイエットで注目されているのは、リコピンが持っている「抗酸化作用」です。

 

抗酸化作用という言葉は、最近よく耳にする言葉かもしれませんが、正しい意味を知っている方は少ないと思います。

 

抗酸化作用とは、体内で作られた活性酸素を除去したり、体外へと排出させる作用のことです。

 

活性酸素は、紫外線を浴びたり、添加物の入った食品、喫煙や大気汚染、またはストレスなどによって、わたしたちの体内に発生します(活性酸素の詳細は「活性酸素とは?」を参照)。

 

活性酸素は肌や血管などをさびさせてしまいます。それによって肌の老化が進んだり生活習慣病等の疾病が引き起こされてしまうのです。

 

リコピンの抗酸化作用

 

トマトの赤さの素であるリコピンには強い抗酸化作用があることがわかっています。

 

抗酸化作用とは、活性酸素を体内でブロックする働きです。

 

つまり、トマトを食べることによって恐ろしい活性酸素がどんどんと減っていくのです。

 

トマトを定期的に食べれば、身体が元気になっていくことを実感できると思います。

 

どんなふうにトマトを摂るとよいか

 

トマトは生のまま食べても良いのですが、加熱することによってリコピンの吸収率がアップします。

 

通常、野菜というのは加熱すると栄養価が壊れてしまうのですが、トマトに関してはむしろ加熱した方がよいと言われています。

 

さらに、油と一緒に摂ることで吸収率が高くなります。

 

油といってもトマトと相性のよいオリーブオイルを使うようにしましょう。オリーブオイルに漬け込むドライトマトなどはお酒のおつまみとしても最適です。

 

ワインとの相性も良いのですが、赤ワインであればポリフェノールが豊富に含まれています。

 

ポリフェノールにも強い抗酸化作用があります。ですから、トマトと赤ワインを組み合わせることで、抗酸化作用も更に高まることが期待できます。

 

次はこちらへ!
リコピンのダイエット効果

 

サプリを活用して効果的にリコピンを摂るには!
あのカゴメが開発したサプリ:リコピンVEのご紹介