抗酸化作用を持つ食品

抗酸化作用を持つ食品

抗酸化作用を持つ食品を摂取すれば、生活習慣病や老化の原因になる活性酸素を抑える効果が期待できます。

 

最近の研究で、抗酸化作用があるとされている成分には、βカロテン、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなどがあります。

 

具体的にはこれらの成分は下記のような食品に含まれています。

 

βカロテンをしっかり摂るには

 

βカロテンを多く含む食品としては、ニンジン、ホウレン草、かぼちゃ、パセリ、春菊、小松菜、ニラ、モロヘイヤなどの緑黄色野菜が中心です。

 

その他、緑茶やブルーベリー、赤ワインなどにも含まれます。

 

βカロテンを効率よく摂取するのにはコツがあります。

 

たとえば、ニンジンの場合、生のままよりも、茹でたりしてから食べたほうが吸収率が高まるようです。

 

ビタミン類やポリフェノールを含む食品

 

ビタミンCは、よく知られるとおり、多くの野菜や果物に含まれます。ビタミンEに関しては、油、魚卵(タラコ、イクラなど)に多く含まれているようです。

 

ポリフェノールは、フラボノール、イソフラボン、アントシアニンなど、植物が光合成を行うときに作られる物質の総称です。お茶や赤ワインに多く含まれることが知られています。

 

また、少し前に流行ったコエンザイムQ10や、アスタキサンチンという成分も、抗酸化物質としての効果が高いと言われています。

 

このように、抗酸化作用を持つことで知られている食品は数多くあります。ただ、その効果はさまざまです。

 

トマトのリコピンのパワー

 

トマトのリコピンに関して言うと、こうしたさまざまな抗酸化物質と比べても、その効果の高さは注目に値します。

 

リコピンの抗酸化作用はビタミンEの100倍、βカロテンと比較しても2倍高いとされています。

 

こうした点も考慮に入れて、食品を選んでいきたいものです。

 

次はこちらへ:トマトのリコピンを手軽に摂るには
リコピンVEのご紹介

 

サプリを活用して効果的にリコピンを摂るには!
あのカゴメが開発したサプリ:リコピンVEのご紹介