リコピンのパワー

リコピンのパワーの秘密

リコピンとは、トマトの赤色の色素のことです。ニンジンなどの緑黄色野菜に含まれるβカロテンの仲間です。

 

今、リコピンが持つ抗酸化作用に、大きな注目が集まっています。

 

その作用はβカロテンの2倍、ビタミンEの100倍以上と言われています。

 

リコピンの抗酸化作用とは

 

抗酸化作用とは、ガンや動脈硬化、心臓病など、さまざまな生活習慣病の原因となる活性酸素をブロックする働きです。

 

人の体内で活性酸素が増加すると、細胞膜や遺伝子(DNA)を傷つけてしまいます。

 

そのため、正常な細胞からガン細胞ができたり、動脈硬化や心臓病などの怖い生活習慣病の原因になります。

 

しかし、リコピンの抗酸化作用は、活性酸素をブロックする働きがあるため、ガンや心臓病などに対する予防効果があります。

 

また、活性酸素は、紫外線によって生じ、しみやそばかすの原因となるメラニンの生成を促進します。

 

リコピンが活性酸素にアプローチすることで、紫外線に負けない透明感のある美しい肌を作ります。

 

リコピンをしっかり摂るには

 

リコピンは、トマトが緑色から真っ赤に熟していく過程で大幅に増加します。

 

ですから、リコピンを多く摂るには、日光を多く浴びて育った完熟の赤いトマトを食べるのが効果的です。

 

ある調査データによれば、週に7回以上トマトを摂取した人は、1回以下しか摂取しなかった人に比べて、心臓病になるリスクが約30%も低下したとのことです。

 

また、別の調査では、トマトやトマトの加工食品を食べた量が最も多かったグループの男性は、最も少なかったグループの男性に比べて、前立腺ガンになるリスクが3分の1だったとのことです(「リコピンによるガン予防」も参照)。

 

こうした各種調査からも、リコピンの健康効果が実証されています。

 

次はこちらへ!
リコピンの抗酸化作用

 

サプリを活用して効果的にリコピンを摂るには!
あのカゴメが開発したサプリ:リコピンVEのご紹介